2012年08月13日

静岡県藤枝市 大霊寺副住職 近藤章正 師「こころの癒し」


 昨今、通学児童や一般通行者に対する悲惨な交通死亡事故が後を絶えません。私の母親も、交通事故で、この世を去りました。一瞬にして無常の風に散ったのです。無常とは、いつまでも同じ状態を留めないことです。この世の中には、無常の風に散った命に悲しむ人々は限りなくいます。死を自分のことのように考える、それは、不慮の死に直面し、体験した者にしか、その苦しみはわからないのです。大切な方を失い、悲しみにくれる日々を経験した時、人はどのようにして生きていけばいいのでしょうか。
先日、テレビを見ていたところ、みのもんたさんが、奥さまのご葬儀の中で、「お別れしたくありません、ずっと一緒にいたいです」と告げられていました。同感でした。
お釈迦様は、愛する人と別れる苦しみを「愛別離苦」と説かれました。その苦しみを癒すためにお釈迦様は、『仏遺教経』の中で、「世は皆無常なり。会うものは必ず離るることあり。憂脳を懐くことなかれ、世相是のごとし。」と説かれたのです。世の中は無常である、出会ったものとはいつか別れなければならない運命、だから憂い悲しみ、悩んでばかりいてはいけない、世の中とはこのようなものだ、と説かれています。無常の風は、いずれ私たちにも必ず、平等に吹いてきます。それがいつ、どこで吹くか、誰にもわかりません。
「亡き故人のためにできることは何か。」それは、亡き故人が喜ぶこと、善き行いをすればいいのです。たとえば、困っている人を助ける、お互いにどんな気持ちになることか。心が癒されるはずです。それが純粋無垢な幼き子どもの行いなら尚更です。おもわず微笑んでしまうでしょう。この善き行いを曹洞宗大本山永平寺をお開きになられた道元禅師さまは、御自身がお書きになられた書物『正法眼蔵』の中で「利行」と申されました。自分以外の生きとし生けるもののために見返りを求めない善き行いを積み重ねていくことです。その功徳を亡き故人にまごころをこめてお供えする。年回法要も、「善き行い」であり、「利行」そのものなのです。
今ここに我が命があるからこそ、生きてゆける。命の尊さ、有り難さを今一度皆様にも噛みしめていただきたいのです。目が覚めた時、布団に入る時、いつでも構いません。ご仏壇に、遺影に、しっかりと手を合わせて、ほんの少しだけ眼を閉じてみてください。「いつまでも忘れない」、「利行」のこころが亡き故人のこころを癒すのです。   
 「南無釈迦牟尼仏」
posted by 曹洞宗東海管区教化センター at 00:00| 近藤章正 師