2013年12月23日

静岡県 長興寺住職 森田勝准 老師「後悔の力」

 「もっと優しい言葉をかけてあげればよかった」
母親の亡骸の前で、その方は涙で声を詰まらせながら、小さな声でつぶやきました。
 家族で一緒に夕食をとったその夜、皆が眠っている間に、母親は一人息を引き取っていたそうです。けっして仲の悪い親子ではなかったようですが、突然の別れだったために、母親に対する日ごろの自分の言葉や態度を後悔されているようすでした。
 私は、涙ぐみながら後悔されているその様子に、母親に対する愛情の大きさを感じました。そして、後悔の大きさは、愛情の大きさなのだと思いました。
 私たちは、家族や友人を、思わず言葉や態度で傷つけてしまうことがあります。あとになってみると、「あんなことを言わなければよかった」「あんな態度をとらなければよかった」と後悔することも多いでしょう。
 後悔するのは、愛情があるからなのです。そして、きっと後悔したあとに思うはずです。「今度はもっと優しい言葉をかけよう、もっと優しく接しよう」と。
 もしかすると、同じ後悔を何度も繰り返すかもしれません。しかし、その後悔を繰り返しながら、人は人に優しくすることができるようになっていくのかもしれません。
 後悔は、自分の生き方を変える力に変わります。わたしたちは、後悔したときこそ、その思いを大切にしなければなりません。後悔は、私たちをより良き生き方へと後押ししてくれる大きな力なのです。
posted by 曹洞宗東海管区教化センター at 00:00| 森田勝准 老師

2013年12月09日

岐阜県 大龍寺住職 竹山玄道 老師「布施行」

人間が生活していく上で、もっとも大切なことは自分以外の人とのコミュニケーションではないでしょうか。今テレビや新聞などを騒がせている痛ましい事件の多くは、コミュニケーション不足が原因になっています。私たちは生まれてからこれまでに大変多くの人々のお世話になって、今日の生活が成り立っています。その中で幸せに日常生活を送っていくには、人とのコミュニケーションは不可欠といえるでしょう。
仏教の教えの中に「布施行」というものがあります。布施といわれると一般的には、お坊さんにお経を読んで頂いたお礼に、お金をお渡しするのがお布施、と思われている方々が多いと思います。それも先祖供養のための大変大事な「布施行」であります。しかし、実はそれ以外にも布施行は我々の日常生活の中に沢山あります。それは、自分以外の人に感謝の気持ちを抱くことです。例えば自分の為に行動して頂いたことに対して有難うという感謝の言葉を心を込めて言う事。感謝の心を伝えることで人間関係がより良いものに変わっていくはずです。言葉が恥ずかしくて言えないといわれる方は、相手に対して優しい目で微笑かけて下さい。「目は口ほどにものを言う」とも言います。嫌悪感を抱いた目と優しい目とでは相手に与える印象は随分違います。
私たちの周りには布施行を行うことのできる環境が多くあるといえます。それを実践するかどうかは自分しだいです。自分から行動する強さを日々の生活から学んでください。そうした環境づくりが整うことによって周りとのコミュニケーションが豊かなものになることでしょう。子孫が幸せなことが一番の先祖供養につながり最高の「布施行」ともなります。   
簡単なことではありますが、実はとても難しいことだと思います。当たり前の生活の中にこそ、仏の教えはあるのです。
posted by 曹洞宗東海管区教化センター at 00:00| 竹山玄道 老師