2012年11月04日

愛知県額田郡幸田 観音寺住職 鶴田悟裕老師 自分に打ち勝つ

皆さんにも少なからず、心にずっと残っている言葉や名言などが一つや二つあるのではないでしょうか。辛いとき、上手くいかないとき、思い悩んだときにはそういった言葉を思い出していることと思います。私も中学生時代に当時の校長先生から頂いた言葉を今でも思い出し、自分を律することに努めています。そのお言葉とは、「自分に打ち勝つことが最大の勝利である」という言葉です。当時の校長先生が月曜朝礼の際に全校生徒に向けてお話して下さったお言葉です。
学校、会社、また生活の中でも人は絶えず周りと自分とを比べ競争し、打ち負かされ、思い悩み、心をすり減らしていると思います。私は以前、会社員として営業職をしていました。常に社内や他社との競争の中でもがいておりました。努力が報われず途中で投げやりになったり、思い通りにならず腹を立てたり、今日やるべき仕事を後回しにして怠けたり。そんな中、フッとこの言葉を思い出しました。
「自分に打ち勝つ事が最大の勝利である」。
仕事が上手くいかず、落ち込んでいた自分に安心感とやる気を与えてくれました。周りとの競争に勝った負けたではなく、自分に打ち勝つことが勝利なのです。自分に打ち勝つことが最大の勝利なのです。逃げ出したい、怠けたいと思う自分の心に打ち勝って、今やるべき事を熱心に行う。そうすれば結果がついてくる。無理をするとか、頑張るとかいうことではなく、今やるべきことを為す、ただそれだけ。そうして無理な競争や他者との比較をやめた途端に、心が非常に楽になりました。過去の自分と比較し、進歩することができればいいのです。いまだに世の中は競争社会ではありますが、勝利する相手を他に求めず、己の心に勝利することにスイッチを切り替えたならば、思い悩むことも争うことも他者を傷つけることも格段に減ることと思います。「私はあの人より優れている」とか「あの人と同等だ」とか「あの人より劣っている」と考える人はそれによって思い悩み、場合によっては言い争うことになります。もし自分が弱いのであればそれを認め、愚かであるならばそれを認め、その中で「自分に打ち勝つ」事が大切だと感じます。
posted by 曹洞宗東海管区教化センター at 00:00| 鶴田 悟裕 老師